自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 楽しみな日

学校長の部屋

楽しみな日

DSC01282.JPG本日はバレンタインデーです。昨晩は遅くまでチョコレートやクッキー作りに悪戦苦闘(?)していた女子生徒も多かったのではないでしょうか。テレビなどのマスメディアでも一大イベントとして取り上げていますので、意識をしない者はいないと思います。
あるニュース番組で話していたのですが、最近では友チョコが多く、女子同士がプレゼント交換のようにしている姿が増えているとのことでした。そう思ってみていると、確かに本校生徒たちにも同じことが言えると気がつきます。
このイベントによって、クッキー作りなどしたことのない女子にとって良い経験のできる機会となり、お母様方にとっては娘さんを手伝うことで良いコミュニケーションが取れる時となったのであれば、製菓会社の策略(?)とはいえ、有意義な時間となったことでしょう。

さて、本日はどれくらいの男子がチョコレートをもらえるかどうかでソワソワしていたのでしょう。ほとんどの男子は、この日がなければいいのにと思っていたか、はなから関係ないと割り切っていたのではないでしょうか。

若い先生の多い本校では毎年のことですが、お昼休みに職員室の机の上にもらったチョコレートやクッキーがたくさん置かれ、人気のバロメーターのようになっていました。その中でも、やはり担任を持っている教員は数が多いように感じます。普段から親身になって接しているので、みんなの感謝の表れなのでしょう。なお、校長室の私のところへも持って来てくれた生徒もおり、嬉しかったです。

女子生徒たちは、家に帰ってからきっとお父様方に感謝の気持ちを込めて手作りチョコレート・クッキーを渡すことでしょう。世のお父様方、楽しみにしておりましょう。