自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 第4回学校長と語る会

学校長の部屋

第4回学校長と語る会

DSCF9588.JPG    

23日(土)、午後の『家族スポーツ親睦会』について掲載いたしましたが、その日の午前中に『第4回学校長と語る会』も行っておりましたので、そのことについても触れたいと思います。
そもそも、『学校長と語る会』というネーミング自体は堅いイメージもするのですが、実際にはコーヒーを飲みながら保護者の皆さんと私を含めた教員がお互いに感じていること・考えていることなどを話し合い、より良い自修館にしていこうという意見交換の場となっています。ネーミングにつきましては、これまでの14年間ずっと引き継がれてきておりますので、今後も継承していこうと思います。

今回は、本校が15年目を迎えることもあり、「未来の自修館」というテーマでいくつかのグループに分かれて意見交換をしていただきました。1年生から6年生まで、各年代の保護者の方がいらっしゃいますから、本校の良さも悪さも上級生の保護者の方のご意見は、どのグループにおいても「なるほど。」と納得するものだったように感じられました。
最後に、出された意見はグループごとに発表していただき、全体で共通認識をいたしました。ここに詳細を掲載できないのですが、保護者の皆さんに自修館のことを真剣にお考えいただけて嬉しいのと同時に、このような会があることを改めて頼もしく感じられました。

学校は生徒が主役なのですが、生徒を伸ばす環境作りには保護者も教員も欠かせない存在ですから、これからも協力し合って進めていきたいと思います。