自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 答案返却日

学校長の部屋

答案返却日

DSC01417.JPG本日は暖かい春の日差しを浴びて、とても心地良く過ごすことができています。気温の変化で体調を崩しているのか、花粉症の症状で苦しんでいるのか、マスクをしている人を見ても一瞬では判断が難しいようにも思います。

生徒たちは、試験休みから久しぶりの登校ということもあり、みんな笑顔で学生ホールに入って来ました。答案返却日ではありますが、試験でのストレスが解消し、これから来る春休みを楽しみにしている様子が伝わってくるようです。
そんな登校風景でしたが、後期課程生の何人かが入って来たときの会話が自然と耳に残りました。それは、「○○さんって凄いね。全国大会だって。」という内容でした。聞き耳を立てて話を聞いてみると、登校して来たとき校舎に懸垂幕がかかっており、そこにスキーで全国大会に出場する生徒の名前が載っていたとのことでした。
本校にはスキー部がないのですが、小学校の頃から大会へ出場していた生徒が前期課程生でひとり、後期課程生でひとりおり、全国大会レベルとのことで大会への出場を認めておりました。その二人が、2月にスキーの全国大会へ出場したのです。そして、後期課程生の彼女は、明日(3月13日)からの全国選抜大会へも出場することになっています。今までは、学校の部活ではないと言うことで、外部へ向けてあまり大きく取り上げることをしてこなかったのですが、生徒会からも「全校生徒の励みになるので、ぜひ懸垂幕を作ってほしい。」という要望があり、今回作成をすることにしたのでした。
それが、昨日小田原厚木道路側の校舎壁面に掲げられたのです。生徒たちは、今日初めて見たためにびっくりしていたようです。生徒会が言う『励みになる』ということには、効果覿面のようです。
自分たちの学校の仲間が全国大会へ出場することを誇らしく思うと同時に、「自分たちも頑張ろう。」というプラスの気持ちが湧いてきていることでしょう。そして、次に懸垂幕に掲げられるのは自分(自分たち)だと考えていることでしょう。
彼女たちに続く生徒が現れることを楽しみにしたいと思います。