自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > スキー教室1日目

学校長の部屋

スキー教室1日目

DSC01421.JPG本日から、待ちに待ったスキー教室が始まりました。
実習する場所は、長野県志賀高原の『熊の湯ゲレンデ』です。1年生~4年生までの大所帯で、ほぼホテルは貸切状態になります。私も何度か引率で行ったことがあるのですが、ゲレンデ目の前の立地で、スキーをするには最高です。この熊の湯ホテルさんにお世話になるのは、今年で12年目になりますので、自修館のことについては十分すぎるくらい理解してくださっており、良いお付き合いをさせていただいております。
ここ6年間、私は学校の留守番をしているため、生徒といっしょに参加できないのが残念です。一年を締めくくるスキー教室では、生徒たちの意外な一面がたくさん見られますので、私もいつも楽しみにしていました。今も校務上やむを得ないと自分に言い聞かせているところです。

生徒たちは7:30までに私服で登校し、体育館1階(Jホール)で出発式を行い、学年ごとに少しずつ時間差をつけて出発していきました。
Jホールでの集合状況は、例年になく落ち着いているように感じましたが、1年生だけは楽しみを押さえきれなかったのでしょう、少し賑やかなようでした。でも、出発式が始まるとすぐに集中し、司会の教員からも切り替えができると褒められていました。

14:00には全学年がホテルに到着し、着替えをして1時間ほど講習の時間が取れたようです。今頃(17:30)は、お風呂に入っているクラスと部屋でのんびりしているクラスに分かれている頃でしょう。明日から本格的な講習が始まりますから、今日はしっかりと睡眠をとっておいてほしいと思います。

(※写真は、出発式で4年生の代表生徒が意気込みを話しているところです。)