自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 記念樹 植樹

学校長の部屋

記念樹 植樹

DSC01473.JPG入学式から今日でちょうど10日が経ちました。
1年生たちも少しずつ友達と打ち解けはじめ、笑顔で会話する姿が増えてきています。
今日からは部活動見学期間に入り、放課後に1年生同士が連れ立って体育館やグランドへ足を運んでいる様子もありました。様々な部活動を見学し体験入部して、本当に自分がやりたいものを選んでほしいと思います。「友達が入部するから自分も。」というケースがありますが、長続きしないことがよくあります。最後は、自分の意志で決めましょう。

さて、入学式で新入生から学校へ贈呈された記念樹(ハナミズキ)ですが、職員室に飾られピンクの可愛らしい花をつけていました。でも、そろそろ地面に植えてあげないといけません。本日の放課後、1年生のクラス代表と有志の生徒、学年の先生方とで、グランド脇の緑地帯に上級生の記念樹同様、植樹が行われました。
入学式で代表生徒が「これから6年間、この木とともに一緒に成長していきたいと思います。」と言ってくれたのを思い出し、植樹が終わって記念撮影をしながら、6年後の彼らの成長を想像していました。
心地よい風が吹くときもあれば、嵐のように暴風雨に見舞われることもあるでしょう。でも、きっとこの記念樹は逞しく育ってくれると信じています。
新入生たちも、この木の成長を確認に来ながら、自分たちの成長を見つめていってほしいと願っています。