自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 『探究』の授業

学校長の部屋

『探究』の授業

DSC01479.JPG本日は水曜日ということで、本校独自の授業である『探究』が4時間目に行われました。このブログでも何度も取り上げておりますから、分かっていると思われる方もいらっしゃるかと思いますが、25年度になって初めての探究の授業ですので紹介したいと思います。『探究』そのものについては、HPトップの学校案内の中に説明されておりますので、そちらをご覧ください。

『探究』の授業は、前期課程生が週1回行います。4~6年生は、その時間平常通りの授業を行っています。本日の『探究』の時間ですが、2・3年生たちは、すでに配属されているゼミに分かれ、今まで通りの活動(個人の調べ学習、ゼミ内での話し合いなど)を行っていました。
1年生は、全てが初めてということもあり、学年集会のように全員が一箇所に集まり、探究の意味、これからの予定などを担当の教員から話を聞いていました。1年生は11月までグループでの調べ学習(チームディベロップメント学習)ですから、「話者の顔を見てしっかり聞こう。自分の考えを持とう。協力して進めていこう。」という言葉が何度も話に出てきました。
また、この『探究』や『チームディベロップメント学習』の行い方を実際に学ぶ機会として、来週に2泊3日で宿泊研修を行いますので、その説明もされていました。
生徒たちは背筋をスッと伸ばし、顔を上げ、話者である教員をしっかりと見つめて話を聞いていましたので、きっと良い成果を期待できると感じています。

今年も10月に「探究文化発表会」を開催し、探究の授業やフィールドワークなどを通して培った個々の生徒の成果をご覧いただきます。
どうぞ、楽しみにしていてください。

(※写真は、1年生全員が集まって探究の話を聞いているところです。)