自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 卒業生による「職業セミナー」

学校長の部屋

卒業生による「職業セミナー」

DSC01507.JPG本日は生憎の雨模様にもかかわらず、昨日に引き続き保護者授業参観に多くの皆様にご来校いただきました。本当にありがとうございます。

さて、今日の掲載はタイトルにもあるように「卒業生による職業セミナー」についてです。本校は今年度創立15周年を迎え、900名を超える卒業生を輩出しています。その中で、5期生までのほとんどが大学を卒業したことになります。
15周年に向けて全ての卒業生たちに近況確認の往復はがきを出し、卒業生たちから様々な報告の返信はがきが届きました。就職したという連絡も数多くあり、彼らの夢が少しずつ叶えられているのを感じます。

今回は、就職をした卒業生の中からなるべく業種が重ならないよう配慮し、都合のつく者に仕事について様々な角度から後輩へ話をしてほしいとお願いしました。10名の卒業生が了解してくれたのですが、当日急遽仕事の都合で1名来られなくなり、9名でブースを構えることになりました。
医師、薬剤師、金融、情報通信、法律事務、広告、旅行、森林インストラクターなど様々な分野で活躍をしている卒業生たちです。中には会社を起業した者もおりました。
在校生の対象は5年生全員と6年生の希望者です。9名の先輩のブースへグループごとに話を聞きに行き、20分で次のブースへ移ります。全部で3か所のブースを回ったのですが、直接の先輩ということもあり、在校生たちは興味深く聞き入っていました。ときおり笑い声が聞こえたりとあまり堅苦しくならない雰囲気で進められたと思います。どのブースでも最後に必ず質問があり、卒業生たちもしっかりと答えてくれていました。

話す内容を私も所々聞いていたのですが、本当にしっかりと要点を押えて分かりやすく説明していました。中には、仕事から人生まで大きな話をしている者もおりました。彼らの話を聞いていて、本当に立派になったと嬉しく感じていました。もちろん、彼らも会社では辛いこともたくさんあるのでしょうけれど、表情を見ているとそれ以上にやりがいを感じているのが分かります。きっと、在校生たちには彼らが輝いて見えたのではないでしょうか。
全体が終わり解散した後も、個人的に卒業生のところへ行き、熱心に質問を続ける生徒が何人もおり、今回のことをきっかけに彼らの『やる気スイッチ』が入ったのかもしれないと嬉しく思います。

これからも、卒業生、保護者の力を借りながら生徒たちのためになる企画を進めていきたいと考えています。