自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > "Halloween"

学校長の部屋

"Halloween"

昨日10月31日は"Halloween"でした。9月の終わり頃から、町ではHalloweenのカボチャのお化けや仮装などがいたるところに飾られているのを目にしたことでしょう。ディズニーランドでもHalloweenバージョンが人気を呼んでいたようです。そもそもHalloweenは、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す古代ケルト人が起源と考えられる欧州のお祭りです。「ハロウィン」の語源は、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」(古くは「万聖節」)の前夜にあたることから、「諸聖人の日」の英語の旧称"All Hallows"のeve(前夜)、"Hallows eve"が訛って、"Halloween"と呼ばれるようになったと言われているようです。

DSC03231.JPG自修館は宗教色はないのですが、今年も可愛らしいお化けの仮装をした生徒たちが現れました。彼らは、ESS部の生徒たちです。ESS部は、先日の探究文化発表会のステージでも英語劇を披露してくれていました。昨年は、職員室で教員を中心に「Trick or treat. (ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と問いかけ、先生たちからお菓子などをもらっておりました。

今年もESS部の顧問からは、「部員たちが仮装して回りますので、対応をお願いします。」と事前の予告がされていましたが、昨年よりさらに趣向が凝らされ、楽しいひとときを過ごすことができたようです。それは、先生たちだけではなく、生徒を巻き込DSC02156.JPGむものでした。前期課程生の最終下校時に合わせ、学生ホールにて家路を急ぐ生徒たちに、「Trick or treat.」ではなく、英語で様々な質問し、答えられると逆にアメなどを配るというものでした(この企画は事前に許可しています)。ESS部の生徒の話では、質問された生徒たちがかなりしっかりと答えてくれていたとのことでした。特に、1年生は意外と答えてくれる率が高く嬉しかったとも言っていました。

最後に校長室へも来てくれて、昨年同様、記念写真を撮り、彼らにチョコレートを渡しました。今回は、彼らからも「昨年お菓子をいただいたお返しです。」と、5種類もの薬用入浴剤をもらっDSC02157.JPGてしまいました。私の身体を考え、労わってくれたのでしょう。ありがたいことです。

 

ESS部は、現在前期課程生のみで活動していますが、先日の「神奈川県中高生スピーチコンテスト」へも出場し、個人では最優秀賞(教育長賞)を獲得するなど、精力的に活動しています。これからさらに、彼らが中心となって校内に英語の魅力が伝わっていくことを期待したいと思います。

 

 DSC03233[1].JPG