自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 6年生を送る会

学校長の部屋

6年生を送る会

DSC01406.JPG    

1ヵ月半ぶりに6年生たちが登校してきました。受験を戦い抜いてきたためか、ちょっと見ないうちに引き締まった大人の顔になっているように感じられました。
6年生たちは、4日後の卒業式に向けて午前中は体育館で練習です。この制服を着ることができるのも今日を入れてあと3回となり、6年間の様々なことを思い出しながら式の練習に臨んでいたことでしょう。

午後にはクラスでHRをとり、卒業へ向けて担任からの話がありました。そして、16:00から毎年恒例の『6年生を送る会』が生徒会主催で開催され、ほとんどの6年生たちは参加していました。卒業式当日は後輩たちとなかなかゆっくり話せませんから、大学受験が一段落するこの時期に、お菓子を食べ、ジュースを飲みながら歓談できる機会を生徒会が作ってくれています。在校生たちは自由参加なのですが、部活単位で参加する生徒も多く、会場には部活ごとの輪ができているところもあり、和やかな雰囲気が広まっていました。中には、先生と話しながら涙を流している6年生もおり、様々な思いが溢れてしまっていたようです。

本日、卒業アルバムも配布されていましたので、会場では6年生たちが先生や友達、後輩に記念の一言を書いてもらっている光景があちらこちらで見られました。私も卒業アルバムに一言メッセージを頼まれていたのですが、その際、女子生徒が「自修館で本当に良かったです。他校へ行った友達の話を聞いても、こんなに先生たちに面倒を見てもらえる学校はないと思います。それと、素敵な友達がたくさんできて良かったです。」と言ってくれました。本当に嬉しく、大切な一言をもらうことができたと思っています。

会では、器楽部の演奏やダンス部の演技、そして軽音同好会の演奏なども行なわれ、その場を盛り上げてくれていました。
6年生たちには、自修館生でいられるあと少しの時間を楽しんでもらえたことでしょう。名残惜しいとは思いますが、3月3日には、しっかりと巣立って行ってください。