自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 3年生関西FW2日目

学校長の部屋

3年生関西FW2日目

京都は今日も朝から暑いです。昨夜の祇園祭宵山には、27万人の人出があったと新聞の朝刊に記載されていました。その人ごみの中に本校の生徒たちも繰り出していたかと思うと、一人もはぐれた者がいなかったのが不思議なくらいです。

IMG_2128.JPG今朝の生徒起床は6:00だったのですが、5:50に制服に着替えて旅館の前に来ることができた者だけ、西本願寺の朝のお勤め(晨朝参拝)に連れて行くことになっていました。眠たい目を擦りながら約20名の生徒が集まり、阿弥陀堂でのお経に参列するという貴重な経験をすることができました。

 

今日は、午前中に企業訪問、午後は伝統工芸体験でした。

企業訪問は、京都に本社のある企業の理念や仕事内容などを伺い、生徒たちが自分の将来を考える機会とするキャリア教育としての位置づけもあります。訪問企業は、オムロン・宝酒造・IMG_2143.JPGのサムネイル画像京セラ・おたべ・TOWA・日本新薬です。生徒たちは、この中からひとつを選択します。

私は日本新薬へついて行きました。ここでは、医療用医薬品の新薬を開発しており、神奈川県の小田原にも工場があるとのことでした。企業名は、「日本人の飲む薬は、日本人が作りたい。」ということから付けられたそうです。ひとつの新薬ができるのは3万分の1の確率であるため、その開発費用は150~200億円となるとのことでした。説明を受けながら簡単な実験もさせてくださいました。お湯の中に何種類かの錠剤を入れると、どのタイプから溶け始めるかを確認するものです。お湯をIMG_2141.JPGのサムネイル画像胃の中と考えるとカプセル状のものが一番早く溶けました。これは、胃で溶けるタイプ、腸で溶けるタイプという具合に、症状によって変えるためということでした。生徒たちは、その様子を興味深く覗き込んでいました。他の企業に行った生徒たちもそれぞれ説明を受け、きっと自分たちの将来へのヒントをもらったことでしょう。

 

午後からは、伝統工芸(念珠作り・京友禅・京漆器・組紐・扇子作り・清水焼など)に分かれて体験しました。それぞれが良い経験となったようです。

 

IMG_2153.JPG夕食時には、サプライズがありました。実は、昨日が旅館の女将さんの誕生日ということで生徒たちから女将さんにプレゼントとバースデーケーキ、そして「Happy Birthday」の大合唱が贈られました。これには女将さんも、「ここのところ体調があまり優れなかったけれど、一気に元気をもらいました。おおきに。」と、たいへん喜んでくださいました。とても良い生徒たちです。

 

食事の後には、「舞妓さん鑑賞」を実施しました。旅館に舞妓さんに来ていただき、舞の披露と説明、そして質疑応答を行いました。舞妓さんは17歳で、3年生たちと2歳しか違いませんでしたIMG_2158.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像が、その落ち着きに年齢を聞いたときには驚いていたようです。生徒の質問の中に「親の反対はありませんでしたか。」というものがあり、「幼稚園の頃よりなりたいと思っていたことなので、その思いを伝え、許してもらいました。」と印象深い回答がされました。その質問をした生徒は、自分の境遇に重ね合わせていたのかもしれません。

最後にクラスごとの記念撮影をおこないましたが、撮影後も女子は舞妓さんの近くからなかなか離れようとせず、関心の高さが表れていました。口々に「きれい。」「すてき。」という言葉が自然に発せられていました。明日は寺社仏閣をグループFWする予IMG_2163.JPGのサムネイル画像定ですが、昼間から着物を着て歩いている舞妓さんは観光客であると先ほど舞妓さんに聞きましたので、もし出会ったならばそういう目で見るのも楽しいかもしれません。

 

いよいよ、明日が最終日です。ここまで体調不良者もなく、天候にも恵まれていますので、最後まで計画通りに良いFWができるよう願っています。