自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 3学期終業式

学校長の部屋

3学期終業式

本日は、3学期を締めくくる終業式です。昨日までとは違い青空が広がり、まとめの日として相応しい気持ちの良い天気に恵まれました。

 

DSC06164.JPGJホールで行われた終業式では、この3学期に活躍した多くの生徒の表彰を行いました。これだけたくさんの生徒を表彰できることをとても嬉しく思います。表彰を見ている生徒たちも、次は自分たちの番だという気持ちを秘めていたことでしょう。

その中で、先日このブログでもお伝えした「私立中学校レシテーションコンテスト」の表彰も行いました。表彰状の文面は、当たり前かもしれませんが英文です。全ての表彰状を読み上げるわけですが、お恥ずかしい話、私自身この英文を読むことが少しプレッシャーとなっています。しかし、生徒たちにも「何ごともチャDSC06202.JPGレンジすることが大切。」と言っている以上、やらないというわけにはいきませんので、いつも開き直って読んでいます。生徒たちに伝わっているのか心配なところはありますが・・・。

このレシテーションコンテストの表彰を行なうことで、毎年前期課程生全員が行なっている校内レシテーションコンテストや英語の授業などにより良い影響が出ることを期待したいものです。

 

そして、生徒会長からは、今学期を振り返った話のあとに、6年生全員に対し大学受験への応援メッセージが語られ、全校生徒でDSC06207.JPG作成した「千羽鶴」が贈られました。6年生を代表して前生徒会長が受け取り、下級生たちへの御礼と自分たちの想いを語ってくれました。その中で、「これまで一生懸命受験勉強をしてきているという個人としてのプライドを持っている。そして、10期生全員がお互い切磋琢磨し励まし合ってここまできているという、学年のプライドもみんなが持っている。今、こうして千羽鶴を後輩たちからもらうことで、自分たちは自修館のプライドを胸にしたんだと思う。最後まで頑張ります。」と話してくれた時には、後輩たちへの最高のメッセージだと感じ、私も胸が熱くなりましDSC06276.JPGた。センター試験まで30日を切り、不安が大きくなっているこの時期に、「自分は一人じゃない。みんなが応援してくれている。仲間がいる。」そんな温かさ、熱さを6年生たちも感じたことでしょう。そして、自分たちの行く道に、後輩たちは強い確信を持ったのではないでしょうか。私たちは、最後まで6年生たちを応援していきます。

 

今日で3学期が終了するわけですが、生徒たちには今学期と平成25年をそれぞれ振り返り、来る平成26年、4学期を新たな気持DSC06284.JPGちで迎えられるよう準備をしてほしいと思います。そして、4学期の始業式に元気な顔で臨むことを楽しみにしています。

 

明日より生徒が冬休みに入りますので、本ブログも12月21日~1月7日の期間を休載日とさせていただきます。今年も多くの方にお読みいただき、本当にありがとうございました。在校生・保護者はもちろん、卒業生・受験生保護者・他校の先生方からも、「読んでますよ。」と声をかけていただき、嬉しさ半分、恥ずかしさ半分といった気持ちでおります。

IMGP9626[1].JPGこれからも拙い文章を綴っていくことと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

皆様にとって、来る平成26年が良い年となりますように。