自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 英単語王2013

学校長の部屋

英単語王2013

DSC01351.JPG今朝、いつものように校内の清掃をしながら巡回していると、3階の廊下に人だかりができていました。そこは、1年生の教室の前でしたが、みんな掲示板に貼られた模造紙を見ながら、なにやら騒いでおりました。
私も傍まで行き生徒たちの後ろから眺めてみると、そこには『単語王2013結果発表』の題名で順位表が貼られていたのです。これは、毎年行われている1・2年生合同の英単語テストです。出題数は200問なのですが、1・2年生とも同じ問題のため、2年生たちにとっては負けられない戦いとなります。
結果は、1~6位までを2年生が独占し、さすがに上級生の意地をみせていました。しかし、7・8位に1年生が入り、見方を変えれば、1年生が良く頑張ったとも言えそうです。生徒たちは、興味深げに順位表を見ながらお互い話をしていました。

最高得点は191点だったのですが、順位表の一番上には200点の欄があり、よく見てみるとそこには2学年の担任の名前が書かれていたのです。どうやら、生徒たちといっしょに英単語王2013にチャレンジしたようです。もちろん英語科の教員ではありませんので、生徒たちからは「○○先生に負けた。」「信じられない。」「○○先生、変なところで真面目だからな。」など、悔しさとも尊敬ともとれるような言葉が聞こえてきていました。私は、「よくぞ、いっしょにやってくれた。そして、生徒たちに勝ってくれた。」と、とても嬉しい気持ちでほくそ笑んでいました。口で言うだけでなく、身を持って示してくれることの効き目は絶大です。生徒たちも、「次回は先生に負けない。」と言う気持ちと、「先生ってやっぱりすごい。」という気持ちを持ってくれたことでしょう。
先日の前期課程生マラソン大会でも、多くの担任たちがいっしょに走ってくれていました。この姿が自修館らしさだなと改めて感じています。先生方には感謝です。