自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 宮古市での活動2日目

学校長の部屋

宮古市での活動2日目

2012-08-18 11.03.29.jpg我々が宿泊している宮古市田老町の今朝は、地元で「やませ」と呼ばれる霧が一面に立ち込めており、10m先が見えないほどでした。
しかし、我々が出かける頃になると晴れ間も出てきて、活動には十分な状況となりました。
今日は、田老のお寺と神社の草刈りなどを行いました。お寺は、すぐ目の前まで津波がきており、昨年の震災当日には、多くの方がお寺の裏山に避難したそうです。そのときの様子をお聞きすると、スーパー堤防を波が乗り越えて来るのを見て、これは大変なことになると恐ろしくなったそうです。
生徒たちは、暑い中、和尚様が差し入れてくださった飲み物やスイカ、トウモロコシなどを休憩時にいただきながら草刈りなどを頑張っていました。
お昼には、お弁当まで用意していただき、とても申し訳なかったのですが、お弁当を食べながら和尚様の様々な楽しくためになるお話を聞くことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。
午後は、田老駅の裏山にある神社の参道の草刈りです。見た瞬間、これが参道かと思うほど草が伸び放題になっていました。
こちらの方からは、お年寄りがお参りできるようにしてもらえると助かると言われていましたので、1時間30分くらいかけてみんなで一生懸命刈りました。終わったときには、生徒も達成感があったようで、写真に納めていた最初の状況を見せてくれながら、「before after ですね。」と満足したようでした。
この後、夜には昨年の当日の様子やこれまでの状況をNPOの方や田老の方などからお聞きする予定です。
生徒たちにとっても、とても良い経験をしていると思っています。
(※写真は、お寺の活動の休憩中です。)