自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 教員の3分間スピーチ

学校長の部屋

教員の3分間スピーチ

DSC00783.JPG昨日とは打って変わって、爽やかな青空が広がりました。
授業巡回をしていると、廊下の窓から爽やかな風が吹き込んできます。これまでは、ほとんど窓を開けていませんでしたから、過ごしやすい季節となったことを感じます。生徒たちも楽しそうに学校生活を送っていたようです。
さて、本校では朝の教員の打合せの際、順番で3分間スピーチを行っています。本日は、新任の英語科の女性教員の番でした。
そこで、"Where there is a will,there is a way."  という自分の好きな格言を紹介してくれました。ご自身の英語への思いや留学経験のことなどを紹介しながら、生徒たちの英語への気持ちを高めたいと、先輩教員の前で緊張しながらも一生懸命に語ってくれました。
この3分間スピーチでは、先生方の教師、生徒、教科、部活などへの思いを聞くことができ、いつも楽しみにしています。本日のように、私自身も初心を思い出させてもらえることもあり、とても有意義な時間と感じています。
新任の先生も、この格言を忘れず、しっかりと成長していってほしいと思います。
(※写真は、今日の中庭の花壇です。最近は、お昼休みに男子生徒たちが中庭のベンチに座り、くつろいでいる姿が見られます。)