自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 天体ショー

学校長の部屋

天体ショー

DSC00822.JPG本日は、後期課程生が期末考査最終日を迎えました。
どの生徒も、自分たち自身に関わることであるという意識が高く、最後まで集中して解答用紙に向かっていました。
考査が終わったお昼頃、中庭で理科の先生たちと下校姿の6年生たちがなにやら集まっていました。よく見ると、天体望遠鏡を囲んでいました。先日の金環日食に続いて、金星の太陽面通過を観測していたのです。そこでは、理科の先生たちが天体望遠鏡を通して画用紙に映し出していたり、遮光フィルムを貸りて太陽を眺めている生徒がいたりと盛り上がりをみせていました。午前中は曇り空でしたが、生徒たちが下校する時刻にちょうど太陽が姿をみせてくれて、とてもタイミングが良かったです。実際には太陽をバックに小さな黒い点があるのですが、前回の金環日食の時とは違い、よく見ないと分からないぐらいでした。
今日は、台風の影響もあり天気が悪くなるという予報でしたので、見られないと思っていたのですが、リアルタイムでの観測ができ生徒たちも喜んでいました。
もし、見ることができなかった場合、次は105年後ということでしたので、見ることができて幸運でした。前期課程の生徒たちは本日休校でしたが、昨日、理科の先生の所へ遮光フィルムを貰いに来た生徒も多かったようですので、きっと家庭で見たことでしょう。