自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 探究の授業

学校長の部屋

探究の授業

DSC00876.JPG本日は水曜日ということもあり、前期課程生たちは4時間目に探究の授業を行いました。
先週までの初夏休みにおいて、いくつかのゼミ(探究のグループ単位)がFW(フィールドワーク)を行っています。大学や博物館、公共の施設、専門家など行き先は様々ですが、多くの発見、疑問などがあったことでしょう。中には、ゼミの卒業生(大学生)がゼミ担当教員からお願いされて、大学の中を案内したり、高尾山へ自然観察、生き物観察に同行してくれたりもしたようです。ゼミは頼りになる先輩がおり、縦の繋がりをいつまでも持つことができるということが再確認されました。
本日の探究の授業中も、夏休みに行きたいFW先に職員室からアポイントメントの電話をしている生徒たちがいました。ゼミ担当教員が横につき、相手方に失礼の無いよういつでも電話を代われるよう配慮しています。
電話をしている生徒たちは、とても緊張して真剣な表情です。この緊張感が良いのですね。自分のことを自分で行うためにどうすればよいかを身を持って覚えることでしょう。誰かが決めてくれたことだけをやるのは簡単なことですが、こうして切り拓いていくことが人生には必要ですね。
自分で連絡をしたことですから、きっと行き先でも聞き漏らすまいと真剣にルポルタージュ活動ができることでしょう。
10月の探究文化発表会にて、成果を披露してくれることを楽しみにしていたいと思います。