自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > マラソン大会

学校長の部屋

マラソン大会

DSC09314.JPG本校では、ウインタースポーツとして2つの種目を継続して行っています。ひとつはスキー教室で、3月に1年生~4年生が3泊4日で長野県の志賀高原にて毎年実施しています。生徒たちの話を聞くと、学校生活の中で一番楽しく思い出に残る行事がこのスキー教室だそうです。
そして、もうひとつは1年生~5年生が行うマラソン大会です。前期課程男子と後期課程女子が約4.5km、前期課程女子が約3.7km、後期課程男子となると約5.7kmの距離を走ります。コースは、本校が自然に囲まれ、恵まれた場所ありますので、グランドを走るだけでなく、大山を見ながら、広々とした田園地帯の農道を走ります。しかし、マラソンについては、スキーとは違い自分との闘いですから、生徒たちもあまり気がのらないようです。4学期に入ってからの体育の授業でマラソンの練習を行っているのですが、ロッカーへ着替えに行く様子がどこか重たい雰囲気を感じることがあります。
今年度のマラソン大会は、来週の月曜日に前期課程、火曜日に後期課程が実施します。苦しいことへ挑戦し、さらに大きな自分を作ってほしいと願っています。
当日は、何人かの教職員も生徒に交じって走るのではないかと楽しみにしています。(※写真は、昨年のマラソン大会の様子です)