自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 後期課程マラソン大会

学校長の部屋

後期課程マラソン大会

DSC00679.JPG昨日に引き続き本日も快晴に恵まれ、暖かなコンディションの中で後期課程のマラソン大会が行われました。前期課程は1~3年の3学年に対し、後期課程は4~5年の2学年で行われるため、一斉に走る人数は少なくなります。しかし、身体も大きくなったり、距離も長くなって周回遅れが出たりと昨日よりもコースは混みあっていたように感じられました。後期課程では、さすがに専門に練習をしてきている陸上部の生徒が圧倒的に速く、男子も女子も上位に多数入賞していました。女子の先頭争いも見ものでしたが、男子の先頭を行く生徒の走りは圧巻でした。スタートしてグランドを後にするところから終始先頭を独走し、他を寄せ付けませんでした。
この生徒は4年生なのですが、昨年まで前期課程において1年生から3年連続で大会新記録を出しておりました。今年は5年生が相手でしたが、4年連続の大会新記録を樹立したのでした。
後期課程ともなると、4年間・5年間同じ学年で過ごしてきていますから、男子も女子もお互いの応援に自然と熱が入っていました。
一人では苦しくても、横にも必死になっている仲間がいて、周りから応援してくれる人がいる。こんな状況ですから、ほとんどの生徒が最後まで必死になって走っていられたのでしょう。私が言うのもなんですが、うちの生徒たちは本当に一生懸命に取り組む子たちばかりです。
それだけで嬉しいですね。5年生たちにとっては、これが最後のマラソン大会、そして最後の行事となりました。これから1年間は、自分の夢を掴むための入り口となる大学受験にチャレンジすることになります。
今日のマラソンのように自分が辛い時には、隣で歯を食いしばって頑張っている仲間がいることを思い出し、お互いが切磋琢磨していってほしいと思います。(※写真は男子がグランドを後にし、農道へ向かって飛び出していくところです。後ろは大山です。)