自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 第4回学校長と語る会

学校長の部屋

第4回学校長と語る会

DSC00683.JPG25日の土曜日、午前中の2時間近くを使って『第4回学校長と語る会』を開催しました。当日は、朝から雨が降り寒い日となりましたが、申し込みをされたほとんどの方が参加してくださいました。
会の冒頭で、私から生徒達の最近の学校での様子、6年生の受験のこと、中学入試の傾向など15分ほど話をさせてもらいました。その後、教師・保護者・生徒によって、本校をさらに良くしていくために、『自修館の強み(現在の良い点・魅力)』と『自修館の弱み(こうしたらもっと素敵になる・改善点)』についてグループで話し合いをしていただきました。
まずは、各個人でポストイット(付箋)1枚に1項目として、考えられるだけ書いていただき、それをグループごとに1枚の模造紙に同じような項目を集めて貼り、そこに「キーワード」をつけてもらいました。
『強み』では、どのグループも「先生・生徒・環境」などが目につきました。しかし、その中で「一体感」というキーワードがあり、なぜかしっくりとはまってしまうように感じ、納得している自分がおりました。
『弱み』については、今後改善するよう、いっしょに考えていくわけですから、遠慮しないでほしいとも伝えていたのですが、さすがに書き辛かったのか『強み』のポストイットの枚数よりもはるかに少なくなっていました。「キーワード」としては「施設(ハード面)、生活面、アピール不足、職場環境」などがありましたが、その中で、「先生がんばれ」というものがあり、教員が頑張っていることを理解してくださっているうえで、もっと周りに、生徒にそれを伝えていきましょうという内容のことがありました。それを見たとき、嬉しかったですね。最後にグループごとに発表をしていただき、共通理解を図ることができました。あと1ヵ月で23年度も終わりになります。今回出された様々なご意見を、ぜひ来年度に活かしていきたいと考えています。
天候の悪い中、お越し頂いた保護者の皆様、本当にありがとうございました。