自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 天気に左右される行事

学校長の部屋

天気に左右される行事

DSC00001.jpg本日は、雨模様の少し肌寒い一日となりました。
このところ、週間天気予報を気にする日が続いています。
それと言うのも、今週の木・金曜日に丹沢クライムを実施するからです。先日のゴールデンウィークに引率教員たちが下見をしておりますので、なんとか実施したいところですが、安全を考えると雨天決行とはいきません。
天気が良ければ、大山頂上から遠く江の島も見ることができます。登ることは辛いこともありますが、友達と同じ気持ちを共有することもでき、達成感を味わうことができる行事ですから、なんとか雨が降らないでほしいと願っています。
また、もうひとつ週間天気予報を気にする理由は、多くの皆様も期待していると思いますが、来週の月曜日(21日)に「金環日食」が起きるからです。金環日食が日本の本州で起きるのは129年ぶり、これほど日本の広範囲で起きるのは932年ぶりだそうです。この機会を逃すと、北海道では18年後に見られるようですが、東京近郊では300年後となるそうですから、なんとしても21日の朝は良い天気となってほしいと願わずにはいられません。
HPトップにも掲載していますが、本校でもセミナーとして、理科教員を中心に学校で観察する会を開きます。多くの生徒たちが参加を希望していますから、みんなで感動を分かち合いたいと思います。
天気によって左右されることが続くこの1週間です。今のところ、18日(金)に雨マークが少しありますが、なんとか変わってほしいと願っています。
{※写真は、2009年1月にインドネシアで観察された金環日食(ロイター通信から)}