自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 感謝を込めて

学校長の部屋

感謝を込めて

R0011270.JPG本日は23日の終業式を前に、年度の締めくくりの大掃除を行いました。1年間お世話になった校舎、クラス、登校路などを全校生徒で感謝の気持ちを込めて約1時間かけてきれいにしました。
その後、毎年行っているEQ診断を全校で一斉に実施したのですが、在校生は教室にいるはずの時間に制服を着た生徒が職員室にいたため、不思議に思い目を凝らしてみると、今年卒業した8期生でした。彼らは、一年間受験に際しお世話になった合格祈願のダルマに目を入れるために集まったようです。思えば、1年余り、8期生の教室の前の廊下でじっと見守ってくれていたのですから、感謝の気持ちが湧かないわけがありません。8期生50名ほどが顔を合わせ、卒業してまだ18日しか経っていないのですが、久しぶりにあったかのように近況を報告しながら懐かしがっていました。ダルマに目を入れたあと、写真のように今年の卒業記念品である校歌のプレートをバックに最後の記念写真を撮っていました。これで、8期生の行事は本当に最後になりました。彼らが制服を着て登校できるのもあと10日、名残を惜しみ、今後も何人の卒業生が制服を着て学校に来るのか、少し楽しみです。