自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 金環日食

学校長の部屋

金環日食

DSC00804.JPG待ちに待った天体ショーがやってきました。
本校では、7時に学校集合でグランドにて観測を行う予定でした。参加生徒分の耐光フィルムも用意し、天体望遠鏡も2台準備していたのですが、伊勢原は朝4:30の時点で雨が降っており、6:30には雨は上がったものの鈍よりとした曇り空でしたので見ることはできないだろうと思っていました。
それでも大勢の生徒たちが登校し、楽しみにしている様子が見受けられましたので、何とかならないかと担当者たちも知恵を絞り、インターネットのリアルタイム映像をスクリーンにて放映することにしました。
教室には入り切れないほど、たくさんの生徒が詰めかけました。その映像を見ながら、理科教員が説明を加えていたところ、『ただ今、太陽が少し顔を出しています。屋上で観察することができます。』という放送がかかり、生徒たちは急いで屋上へと向かいました。生徒たちの関心の高さが確認できた瞬間でした。
本当に瞬間ではありましたが、見ることができました。しかし、それは、曇っていたため耐光フィルムをすると何も見えず、肉眼で薄雲越しに見たというのが正しいところです。肉眼で見てはいけないと言われていましたが、そうせざるを得ませんでした。
それでも生徒たちは、嬉しそうな声をあげ、朝早く家を出てきたことの報われた満足感を得ることができたようでした。
天候によって左右されることですから仕方がありませんが、金環日食について調べ、準備してきたことはそれぞれの生徒たちにとって決して無駄ではなく、良い経験ができたと考えます。
朝早くから生徒たちを起こしていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。