自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 2学期最後の探究授業

学校長の部屋

2学期最後の探究授業

DSCF0123.JPG毎週水曜日の4時間目は、本校独自の『探究』の授業が行われています。このことは、何度も本ブログで紹介しておりますのでご存知の方が多いかと思います。
今日も4時間目に探究の授業が行われました。ただ、いつもと様子が少しだけ違うのは、2学期最後の探究の授業であるということです。次回の探究は3学期の10月3日ということになり、ここで1ヵ月あいだがあいてしまいます。
毎年のことではありますが、秋休みが終わり、10月に入ると一気に探究文化発表会(10月27日開催)への準備が加速されますので、2学期最後の探究の授業では、これから探究文化発表会までのスケジュールを立て、計画通りに進めるという確認が必要になります。

また、プレゼンテーションへの各ゼミ代表者が決定するのもこの時期です。ゼミ内での予選を行い代表に選ばれた生徒は、3学期に入ってから本番への出場権をかけて、各ゼミ代表によるプレゼンテーション・審査へと進みます。
2・3年生のほとんどの生徒が、自分のテーマについて一度はプレゼンを行うことになりますので、代表に選ばれた生徒たちのプレゼン力が自分とどう違うのか比較することができます。
先日、第2回学校説明会の全体会が終了した時、参加してくださったお父様が話しかけてこられ、生徒のパネルディスカッションをとても誉めてくださいました。その際、「こんなにしっかりと話ができるのは、そのような生徒を選んでいるのですか。」と聞かれました。私は、「特にそのようなわけではなく、文化部・運動部・同好会、男女、学年別などで協力をしてもらったのです。本校には、探究というものがあり、プレゼンテーションは必ず全員が行いますから、同じように話しができる生徒は、他にもたくさんおりますよ。」と、答えておきました。ぜひ、探究文化発表会に来ていただき、実際に確認していただきたいと思います。

2学期期末考査前ではありますが、本日の授業で各自の計画が再確認され、しっかりとした発表ができることを期待しています。