自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ゼミ代表者プレゼン予選

学校長の部屋

ゼミ代表者プレゼン予選

DSC01059.JPG昨日から、探究文化発表会でのプレゼンテーション本番へ向け、ゼミ代表者による予選が始まりました。27ゼミの代表者たちは、それぞれのゼミ内プレゼンテーションで選ばれた生徒たちです。
放課後、会場となる校長室横の会議室前には、自分の番を待ちながら、ゼミ担当教員と内容の最終確認をする代表生徒の姿が見られます。緊張した面持ちで原稿に目を落とし、一生懸命表情を作ろうとする姿を見ていると、全員を本選出場にしてあげたいと思ってしまいます。
審査は、内容は勿論ですが、いかに解りやすく説得力のあるプレゼンを行うか、時間内にしっかりとまとめられているかなども見られます。原稿用紙をずっと見ているようでは、自分がしっかりと理解しているように見られません。堂堂と自信を持ってプレゼンを行ってほしいものです。
今、話題の人である京都大学の山中教授のips細胞についてや再生医療についてもテーマにしている生徒もいるようです。どれだけの内容になっているのか楽しみですが、10月27日(土)の『探究文化発表会』本番まで、その楽しみはとっておきたいと思います。
皆さんも、『探究文化発表会』当日、様々なテーマの生徒たちに、たくさんの質問をしてみてください。きっと、彼らなりの切り口で説明すると思いますので、楽しみにしてほしいと思います。

(※写真は、プレゼン予選の様子です。パワーポイントをセットし、これから始まるところです。)