自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 中学校駅伝大会

学校長の部屋

中学校駅伝大会

DSC00792.JPG秋晴れに恵まれた本日、伊勢原市中学校総合体育大会・駅伝競技大会が開催されました。
伊勢原市には、本校を併せて5校の中学校があります。本校以外は、すべて公立の学校です。本校では、平成20年度より、少しでも熱中できるもの・頑張れるもの・自信の持てるものをということで、部活動の日数を増やしてきました。その甲斐あってか、最近では様々な運動部で勝利することができるようになってきています。
この駅伝大会は、3年生が出場できる最後の大会となります。この伊勢原大会で上位2チームに入ると、八景島で行われる県大会へ出場することができます。過去に、本校も一度だけ男子が県大会へ出場しています。

女子は、今回人数不足でエントリーできませんでしたが、男子は3年生3人・2年生3人で県大会出場を目指して頑張っていました。結果は、残念ながら県大会への出場は叶わなかったのですが、全員の力走を間近に見ることができ、とても満足しています。
また、どのチームの選手も襷を渡すために必死になり、手渡した後崩れ落ちるように倒れ込む姿には、本当に絆を感じました。そして、走っている選手だけでなく、それを応援で支える生徒たちの存在にも絆・団結を強く感じることができ、学校の名前を背負って皆で戦っているのが伝わってきました。

走り終わったあとの片づけなどにも、すべてのチームのマナーの良さを感じることができ、これでこそ中学校の運動部という印象を持つことができ、とても清々しさを覚えました。
本校の生徒たちも、県大会こそ出場はなりませんでしたが、素晴らしい経験をすることができ、スポーツマンとして一回り大きくなれたように感じます。
閉会式後に、私の所へわざわざ集合してくれたことも嬉しく思っています。また、次に向かって頑張ってほしいですね。