自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 御礼

学校長の部屋

御礼

DSC01186.JPG本日、爽やかな秋の晴天に恵まれた中、平成24年度『探究文化発表会』を開催できましたこと、ご来場いただきました皆様に学校を代表いたしまして御礼申し上げます。

今年は、『いと ゆかし』というテーマでした。これは、「様々なことに心惹かれる様子」という意味を「もっと見たい、聞きたい、知りたい」という解釈にして、探究の本質に迫ろうというものでした。
私も27ゼミを一日かけて回り、多くの生徒たちの発表を聞くことができました。毎年、模造紙などの貼物については、前日の夜に4時間近くかけてすべての生徒の内容を読んでいますので、当日は直接プレゼンをしてもらうことだけに全精力を費やしています。中には、我々教員よりも上手に説明をしているのではないかと思うような生徒もいて、嬉しく思いました。
多くの来場者の方々にも、真剣な中に温かさを持って生徒たちのプレゼンを聞いていただき、本当に感謝しています。生徒たちにとっても良い経験となったことでしょう。
そして、後期課程の4・5年生たちの動きも素晴らしかったと思っています。直接プレゼンを行うわけではなく、企画・運営側として、前期課程生たちが探究に集中できるように支えてくれました。

また、多くの保護者の皆様には、本日ご来場いただいたことは勿論、バザー物品提供、保護者作品展示、『KIZUNA』チャリティーバザー、おやじたちの会『自修館生への一冊』など、多岐に亘ってご協力を賜り、本当にありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願い致します。

最後に、本日、多くの卒業生諸君にもホームカミングデイへ参加してもらい、感謝しています。在校生たちの「探究文化発表会」に合わせて行ったのは、現在の様子を先輩たちの視点から指摘してあげてほしいということも目的のひとつでした。
自分の所属していたゼミを中心に、しっかりとアドバイスをしてくれたと信じています。

今(17:45)、片付けも終盤に差し掛かってきています。最後まで丁寧に行ってほしいと思っています。

本日は、本当にありがとうございました。

(※写真は、あるゼミのプレゼンの様子です)