自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 芸術鑑賞会を終えて

学校長の部屋

芸術鑑賞会を終えて

DSC01219.JPG昨日は、芸術鑑賞会として汐留にある劇団四季の四季劇場・海にて『オペラ座の怪人』を1年生から5年生までが鑑賞しました。ご覧になられた方も多い演目だと思います。
本校の芸術鑑賞は、本物に触れるということをテーマに毎年行っておりますが、今年も素晴らしい演出・演技に感動させられました。
始まる前には少し騒がしかった場内も、照明が暗転したところから最後のカーテンコールが終わるまで、舞台に釘づけになっていたと思います。
本日、1年生の授業がありましたので、昨日の感想を聞いてみると、ほとんどの生徒が見応えがあったと感じていたようです。しかし、1年生くらいですと舞台の展開に内容がうまく理解できていない者もいたようでした。
私は1年生たちに舞台のキャストだけでなく、あの演目を成功させるには多くの裏方さん、たとえば大道具・照明・音響などで一生懸命に動いている人たちがいることに気がついたかを聞きました。ほとんどの生徒は、そのような視点では見ていませんでしたから、私の質問にキョトンとした様子でした。
また、昨日は生のオーケストラが入っていましたので、その絶妙なタイミングどりなどはたいへんな練習をしているからできることだと話しました。

生徒たちには、本物を見て感じてほしいと思いますが、様々な視点で見られるようにもなってほしいと思っています。1年生たちにとっては、あと4回、芸術鑑賞会がありますので、ぜひ感性を磨くと同時に目を肥やし、その場にふさわしい立ち居振る舞いもできるようになってほしいと考えています。