自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 6年生定期考査

学校長の部屋

6年生定期考査

DSC01230.JPG本日11月22日は、「いい夫婦の日」です。
開校当時は、既婚者が数名であった本校教員も、14年目をむかえた今では、専任教員の約54%が既婚者となっています。熱心な教員が多いので、帰りが遅くなって夫婦喧嘩をすることもあるのかもしれませんが、「いい夫婦」であり続けてほしいですね。皆さんも、ぜひそうあり続けてください。

さて、今週月曜日より本日まで、6年生の定期考査が行われていました。彼らにとって、本校で受ける最後の定期考査です。生徒の中には、「これで自修館での期末考査を受けることはなくなるんですね。そう思うとなんだか寂しいですね。」と言う者もおりました。これまでに通算22回の定期考査を行ってきたことになります。
先日、1年生の授業の中で、「みんなはあと何回定期考査を受けると思いますか。」と質問し、あと20回であると話したところ、「まだ、そんなにあるんですか。」という反応が返ってきました。そう言えば、この6年生たちも1年生の頃に同じ質問をしたとき、同じようなことを言っていたなと思い出しました。
本日、全ての定期考査を終えたわけですが、受験勉強でたいへんな時期ではあるものの、最後の考査を噛みしめて受けてくれたのではないかと思っています。結果次第では、再試験ということもあり得ますが、きっとそんな生徒はいないと信じています。
来週、この結果が返却されますから、6年生たちは楽しみに待っていてほしいと思います。

(※写真は、本日5年生の保健の授業で目隠しをして目の不自由な方の疑似体験をしているところです。)