自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 答案返却2日目

学校長の部屋

答案返却2日目

DSCF0283.JPG本日は、昨日の悪天候とは違い、朝から素敵な青空が広がっていました。生徒たちが登校する8:00前後では、数日前の茹だるような暑さは感じられず、爽やかな風が吹いていました。生徒たちの登校風景においても、汗を拭き拭き辛そうに入って来る生徒がほとんどいませんでした。暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、昨日の彼岸の入りから暑さも和らいできているように感じます。

さて、本日は答案返却2日目でした。これで期末考査の全てが返却されたことになります。校舎内を回って見ていると、答案を片手にガッツポーズをしている生徒や、しょぼんとして元気がなさそうな生徒など結果に対しての反応は様々です。
『鉄は熱いうちに打て』と言いますから、自分の理解できていなかったところの振り返りを、今すぐに行ってほしいと思います。

そして、生徒が下校したあとは、教員集団の会議が始まります。答案返却日には、毎回成績会議が行われています。こちらも『鉄は熱いうちに打て』です。全教科における出題傾向や生徒の理解度・今後の課題など、各学年を担当する全ての教員で情報を共有し、今後の指導に活かしていくものです。何時間も会議をすることは大変ですが、教員たちは皆、生徒を伸ばすためと考え、集中してくれています。
この会議があるから、本校では現状に合った指導ができていくのだと確信しています。
先生たちも、3学期からの授業のポイントをこれで絞れたことでしょう。