自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > それぞれの味

学校長の部屋

それぞれの味

DSCF9585.JPG

1年生のあるクラス前の廊下掲示板に、おいしそうなお雑煮の写真とコメントが貼り出されていました。家庭によってこんなに千差万別なのかと、とても関心を持って見ていました。具材、出汁、餅の形、餅の入れ方など地方色が溢れています。田舎へ行って写したものと、自分の家のものを比較して掲示している生徒もおりました。お互いの家のお雑煮をみることで、生徒たちも興味が持てたのではないでしょうか。
私の田舎では角餅を汁に入れて蕩けさせて食べますが、妻の実家では焼いた餅を澄まし汁に入れます。生徒たちも当たり前のように出されたお雑煮を食べていると思いますが、それが自分の家の味であり、懐かしいと感じる時がきっとくることでしょう。
我が家の味、食べ方をいつまでも大切にしていたいですね。ところで、皆さんの家のお雑煮はどのようなものですか。