自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 部活動顧問の気持ち

学校長の部屋

部活動顧問の気持ち

DSCF9848.JPG昨晩9時を過ぎた頃、職員室から音楽が聞こえてきていたので覗いてみると、3人の教員が集まっていました。他にはもう誰もいない職員室で、部活の5年生追い出し会で流したビデオを感慨深げに見ていたのです。様々なことがあった5年間、生徒たちが頑張って良かったと思っているように、部活の顧問たちにも思いがたくさんあるのです。時にはぶつかり、険悪なムードになったこともあったことでしょう。
ある教員は、朝の3分間スピーチ(教員内で行っているもの)で、引退していく5年生たちから『いろいろなことがあり、途中で辞めたいと思ったこともあったけれど、最後まで続けてきて本当に良かった。』と言ってもらえたことが、本当に嬉しかったと言っていました。休みの日や合宿などの時間をともに共有し、最後まで活動してきたことで、生徒たちへの思いも一入なのでしょう。部活動は生徒が主体で頑張るものですが、教員との共同活動でもあると、私は思っています。また、それをサポートしていただける保護者の皆様の力も大きいことを忘れてはいけません。それぞれの部が新キャプテン、新部長を中心に、より充実した活動をしていくことを楽しみにしています。