自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 職員室の入口

学校長の部屋

職員室の入口

DSCF9592.JPG

昨日、卒業記念品の第2弾を掲載したので第3弾と考えていたのですが、ふと目についたことがあり、そのことについて伝えたいと思います。授業に行くため職員室を出ようとした際、ふと目を上げると、そこには『こころが育つ進学校』の文字がありました。
開校初年度から、職員室のドアの上にさりげなく貼られているものです。本校の教育方針であるこの言葉は、我々教員が職員室を出る際、この気持ちで生徒に向き合おうという確認の意味を持っています。
常に当たり前のようにあるため、見落としてしまうことがよくあります。でも、今日のように気がついたときは、日常に紛れ忘れかけていた自分を反省し、もう一度目指している道を確認することができます。また、少し悩んだ時などには、勇気をもらえるような気さえします。これからも我々教員が道に迷うことのないよう、示し続けてほしいと思っています。