自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 探究活動

学校長の部屋

探究活動

DSCF0033.JPG

午前10時、校内を回って教室の温度計を確認してみると、ほとんどの教室が26~27℃でした。今は初夏休み中ですから生徒のいない教室がほとんどですので、それらの教室のカーテンを閉めて少しでも直射日光が入らないようにしています。
講座や補習を行っているところは窓を開けて空気の流れを作っています。さて、そんな校舎内ですが、講座・補習・部活の生徒ではない生徒たちが数名おりました。廊下でなにやら書類に目を通している男子もいます。彼らは、4年生で探究修論(論文)作成に取り掛かっている生徒たちです。
自分の決めたテーマで1年生の頃から調べ、まとめてきているのですが、その総まとめがこの修論というわけです。この男子生徒は、「頭が良くなる食事」ということを調べているようで、話を聞くと学校の食堂にも話を聞きに行ってメニューをもらい、それを許可を得て大学の教授にバランスの良い食事になっているかの分析をお願いしていたりするとのことでした。学校の授業内だけでなく、自分の時間を利用してかなり深いところまで調べているようです。また、お母様もこの分野に興味があるようで、いっしょに様々な場所へ話を聞きに行かれているとのことでした。親子で、探究活動ができているということも素敵なことだと感じています。この初夏休みにも、たくさんの探究ゼミが様々な大学、施設等に出かけルポルタージュ活動を行っています。初夏休みは、普段できないこのような活動をじっくりできる時でもありますね。
ぜひ、新たな発見をしてきてください。
話しを聞けることを楽しみにしています。