自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 関西フィールドワーク最終日

学校長の部屋

関西フィールドワーク最終日

DSCF0113.JPG今日も京都は朝から「暑い」という言葉が思わず出てしまうような天気でした。生徒たちは、さすがに昨日までの日程の疲れが出ていたようで、今朝は少し元気が無いように感じました。ちなみに昨晩の祇園祭宵々山には28万人が出ていたと朝のニュースで言っていました。今日は、グループでの京都市内散策です。
朝食のあとにお世話になった旅館の女将さんに挨拶をした際、女将さんからは寺社仏閣への訪問の仕方とその意味を教わりました。出発の際、それぞれの班にGPS機能付き携帯を渡し、行動中は私が本部のパソコンで位置検索をして確認をしていました。
その中で、嵐山に行ったグループが亀岡のほうに動いていることに気が付き、旅行業者へ確認してもらったところ、嵐山からトロッコ電車に乗ってみたら、こんな遠くに来てしまったとのことでした。チャレンジするのは良いのですが、確認して行動できるともっと良かったですね。
その他の班は、概ね計画通りの行動ができていたと思います。
しかし、一日暑かったので、移動で歩いているときは辛かったことでしょう。
全員が集合時間に遅れることなく集合場所へ戻ってきました。疲れはあったでしょうが、最後の諸注意のときなど本当にしっかりと顔をあげ、集中して聞いている姿があり、まとまりのある学年だと改めて感じていました。家に帰って、お土産話をご家族にたくさんしてくれていることと思います。
女将さんからも言われたように、ご家族のご理解、ご協力があるからこのような機会があることに感謝しましょう。
女将さんのように『おおきに!』と言ってみてはどうでしょうか。