自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 携帯電話セミナー

学校長の部屋

携帯電話セミナー

DSCF0122.JPG本日、第2回学校長と語る会を開催し、その中でKDDIの方に携帯電話の使い方や危険性について保護者の皆様に話していただきました。
生徒たちにも、各学年ごとにLHR(ロングホームルーム)の時間を使ってKDDIの方に話してもらっていますが、今回は保護者用に資料も多少アレンジされ、話の内容もやや深いところまで触れていただきました。
昨年も同じように行っているのですが、やはり年々携帯電話を取り巻く状況が変わってきているために、話される内容やその後のグループディスカッションで話題になることが変化してきているのを実感します。1回聞いたから大丈夫というものではないことを再確認し、これからも生徒たちに毎年行っていきたいと考えます。出会い系、家出サイト、プロフ、ブログなど様々な内容の危険性や手口の巧妙さなど、事例をあげて説明していただきました。
その後のグループでの話し合いの中でも、携帯電話やインターネットをこれからの子どもたちは切り離して考えていくことはできないからこそ、その使い方をしっかりと理解させること、また、様々な情報の取捨選択ができる確固たる自分を作っていくことが大切だという意見が多く出されていました。それは、生きる力をつけるということなのかもしれません。
本校では、気づき・感じ・考えるという点からも、様々な取り組みの中で成長していけるようにしています。さて、皆さん(保護者の方)は、携帯電話についてお子さんとのルールを決めていらっしゃいますか。いっしょにその便利さと危険性を話していらっしゃいますか。
ぜひ、家族の中でもルールを決めて、それを意識していける環境を作ることをお願いしたいと思います。
そして、子どもたちが何か困ったことがあった時、相談できる状況にしておいてほしいと願っています。a本日、第2回学校長と語る会を開催し、その中でKDDIの方に携帯電話の使い方や危険性について保護者の皆様に話していただきました。
生徒たちにも、各学年ごとにLHR(ロングホームルーム)の時間を使ってKDDIの方に話してもらっていますが、今回は保護者用に資料も多少アレンジされ、話の内容もやや深いところまで触れていただきました。
昨年も同じように行っているのですが、やはり年々携帯電話を取り巻く状況が変わってきているために、話される内容やその後のグループディスカッションで話題になることが変化してきているのを実感します。1回聞いたから大丈夫というものではないことを再確認し、これからも生徒たちに毎年行っていきたいと考えます。出会い系、家出サイト、プロフ、ブログなど様々な内容の危険性や手口の巧妙さなど、事例をあげて説明していただきました。
その後のグループでの話し合いの中でも、携帯電話やインターネットをこれからの子どもたちは切り離して考えていくことはできないからこそ、その使い方をしっかりと理解させること、また、様々な情報の取捨選択ができる確固たる自分を作っていくことが大切だという意見が多く出されていました。それは、生きる力をつけるということなのかもしれません。
本校では、気づき・感じ・考えるという点からも、様々な取り組みの中で成長していけるようにしています。さて、皆さん(保護者の方)は、携帯電話についてお子さんとのルールを決めていらっしゃいますか。いっしょにその便利さと危険性を話していらっしゃいますか。
ぜひ、家族の中でもルールを決めて、それを意識していける環境を作ることをお願いしたいと思います。
そして、子どもたちが何か困ったことがあった時、相談できる状況にしておいてほしいと願っています。