自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 第2回JEQ子育てセミナー

学校長の部屋

第2回JEQ子育てセミナー

DSCF0247.JPG昨日、掲載いたしましたように、本日『第2回JEQ子育てセミナー』を開催いたしました。
朝から強い風と雨で東海道線に遅れが出る事態となり、平塚からのスクールバスの発車時刻を20分伸ばし、開始時刻も10分ほど遅らせることになりました。こんな天候の中、20名ほどが昨日・当日でキャンセルをされましたが、80名の保護者の皆様にご参加いただき、盛況に終わることができました。本日のテーマ『こころに響く叱り方』に対し、講師の松下先生は、まず「叱る」と「怒る」の違いを『社会的情動』と『本能的情動』という観点で説明され、「叱る」ということについて共通の認識を持つところから始められました。松下先生は、先生ご自身が考えられる「こころに響く叱り方」の3原則を以下のように話されていました。1.親の価値観をしっかりと伝える
2.自分の気分で叱ってはいけない
3.叱った時、次にどうすればよいかを考えさせる
 (発達段階により、親から提示する・いっしょに考える・自分だけで考えさせるなど変える)この中で、親自身の価値観を知ることを今回のセミナーの中では中心に進められました。6つのモデルケースについて、自分はどのように対処するかをグループの中で発表し、それを聞いて周りの人は、発表者が○○な価値観を大切にしていると客観的に判断し、教え合うというグループワークが行われました。その際、18枚の価値観カードを利用していましたから、誰もが分かりやすかったようです。その後、18枚のカードから自分自身が大切にしている価値観を3枚抜き出し、他者へなぜそのカードを選んだのかを説明し、自分自身の再認識を行ないました。
私もいっしょに考えてみたのですが、大きく分けると『家族』・『哲学』についての項目を選んでいました。その後、『自分の気分で叱ってはいけない』、『次にどうすればよいかを考えさせる』ということについてもお話があり、皆さん納得されていたように思います。
お帰りの際の保護者の皆様の顔は、とても有意義な時間を過ごすことができ、満足しているという表情であったように感じました。また、ご家庭で夫婦の価値観の確認に使っていただければと、価値観カードは自由にお持ちいただきました。次回『第3回JEQ子育てセミナー』は、1月28日(土)に開催されます。
今回都合がつかず参加されなかった方も、ぜひお会いしたいですね。