自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 生徒会役員選挙告示

学校長の部屋

生徒会役員選挙告示

DSCF0282.JPG本日、10月26日に生徒が登校してくる風除室に生徒会役員選挙立候補についての告示がされていました。
毎年、選挙管理委員会が5年生によって構成され、この告示から立候補受付、立会演説会の開催、投票、発表までの約3週間を取りまとめてくれます。5年生は、立候補することができませんが、自分たちの伝統を受け継ぐ後輩たちのために一役買ってでてくれているわけです。立候補・選挙については、会長への立候補と役員への立候補の二本立てで行われます。初期の頃の生徒会は、定数の役員だけを選挙で選び、役員に選ばれた者の中で互選により会長をはじめ、役職を決めるという方法をとっていたのですが、生徒会のリーダーを決めるのならば、その志をしっかりと持った者を全校で選ぶべきという意見から、今のような二本立てとなりました。
私も生徒会担当をしていたことがあり、初期の頃には生徒会役員選挙に30人近くも立候補してくれたことを思い出します。創立したばかりで、自分たちの学校は自分たちが創っていくんだという気構えを持った生徒たちだったように思います。
今は、部活など学校の中で様々な活躍の場があり、自分のいる場所を決めている生徒が増えてきているため、以前ほどの立候補者数にはなりませんが、これからの自修館を真剣に考えてくれる生徒がまだまだたくさんいることが嬉しいです。今年も誰が名乗りをあげてくれるのか、楽しみにしていたいと思います。