自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > ホームカミングデー開催

学校長の部屋

ホームカミングデー開催

DSCF0303.JPG本日は、夏休み前から自修会(同窓会)役員たちが準備をしてきてくれたホームカミングデーが開催されました。
1期生~7期生まで661名の卒業生のうち、100名を超えるOB・OGが参加してくれて、初めての企画としては大成功だったと思います。自修会役員の卒業生たち、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとう。会自体は、自修会会長挨拶・校長挨拶・生徒会長挨拶が行われ、その後、在校生たちの案内で、それぞれの年代ごとに懐かしい校舎見学が行われました。自分たちが在籍していた時にはなかったものがあったり、少しずつ様変わりしていたりと、特に古いOB・OGたちは感じるものがあったようです。
校舎見学の後は、Jホールに戻り、在校生器楽部による演奏を聞きながら歓談の時間となりました。本当に懐かしい顔・顔・顔、体型が変わっていて一瞬分からなかったり、結婚してお腹が大きかったり、スーツ姿でしっかりと働いていますという様相の者もいたりと、それぞれの近況を聞くこともでき、とても楽しい一時を過ごすことができました。
また、同じ部活だった卒業生同士が年代を超えて懐かしそうにしていたり、いっしょに写真を撮ったりする姿もいたる所で見られました。それぞれの年代に関わった先生方も参加していましたので、在籍していた頃の話題で盛り上がる場面もありました。
在校生の係生徒、器楽部の生徒もいっしょにお菓子や軽食を取りながら、OB・OGたちの話を聞いている姿もあり、良い交流ができたようです。
最後に、卒業生、教員、在校生の全員で写真撮影を行い、お開きとなりました。卒業生同士が年代を超えてこのような会がこれからも継続され、卒業生同士、卒業生と学校、卒業生と在校生の交流が深められ、自修館ファミリーとしての絆がさらに深まることが私の願いです。
昨年からぜひ実施したいと考えていただけに、現実のこととなり、今日は本当に嬉しい一日でした。卒業生たちは、会が終わった後も職員室で先生方と話し込んでいて、いつまでも帰ることがありませんでした。本当に在籍中の関わりが強かったのだと改めて感じており、先生方にも本当に感謝です。