自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 芸術鑑賞会

学校長の部屋

芸術鑑賞会

DSCF0308.JPG本日は、町田市民ホールをお借りして、芸術鑑賞会(落語教室)を行いました。生徒たちは現地集合でしたが、ほとんどの生徒が集合時刻の20~30分前には会場へ着いていました。
本校の芸術鑑賞会は、毎年11月に行われています。1~5年生で参加しますので、在学中になるべく違う芸術に触れてほしいとミュージカル、狂言、オーケストラ、歌舞伎など様々な部門から選んでいます。本日の落語教室には、笑点でもお馴染みの三遊亭好楽師匠に来ていただきました。第一部では、三遊亭圓福さん、三遊亭きつつきさんによる落語の歴史や落語で使う扇子や手ぬぐいを様々なものに「見立てる」ということの解説をしていただきました。
その後、本校の生徒たちが落語や大喜利に挑戦し、圓福さん、きつつきさんのリードで、場内が一体となる温かな笑いに包まれました。
休憩前の取りとして好楽師匠による小噺がありましたが、話のリズムや強弱、間というものが絶妙であり、本当に引き込まれるようでした。我々教員も、話し手として落語を参考にする必要があると強く感じました。
休憩の後は、鳴り物の説明、太神楽曲芸、圓福さんによる落語を鑑賞しました。
生徒たちもとても楽しい一時を過ごすことができ、古典芸能にも少し興味を持ったのではないでしょうか。参加された保護者の方々も帰り際に「楽しかったです。」と何人も声を掛けてくださいました。
生徒、保護者、教職員にとって芸術の秋に相応しい一日になったようです。(※開演中、特定の者以外は撮影禁止となっていましたので、開演前の様子を撮影しました。)