自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 休校日

学校長の部屋

休校日

DSC00511.JPG本日、生徒にとっては考査後の休校日でした。教員は、お昼過ぎまで教科会、学年会を行い、生徒の成績を確認しながら3学期を振り返り、話し合いをしておりました。
午後になって校内を見回ってみると、6年生の三者面談が行われていたり、リズムを壊さないために登校して一心不乱に参考書・問題集に取り組んでいる6年生たちがいたりしました。中には、ひとりがホワイトボードに問題の解説をして、他の2名が聞いているという光景もあり、廊下の私に気づくと照れ笑いをしておりました。
また、明日の演奏会に向けて、校内で唯一、活動をしていた器楽部は、先生の話に真剣に耳を傾けている生徒たちの緊張感が伝わってくるようでした。器楽部の生徒たちが下校する際、「明日頑張れよ!」と声をかけると、「先生は明日来てくれるのですか。」と言われ、「来てほしいですか。」と返すと、「来てほしいです。でも緊張するかな。」と笑顔で答えてくれました。私も「明日、楽しみにしているよ。」と答えておきました。校内は、全般的に静かな一日でした。気持ちの上では忙しい師走ですが、こうして校内を回っていると、ちょっとした気持ちのゆとりを自分で持つことができるように感じます。
あと1週間でクリスマスです。風除室の大きなクリスマスツリーだけでなく、いくつかの教室にはクリスマスリースがかけられ、ツリーも置かれていて、何気なく教室に入ったときにその空間の雰囲気を温かく作っているようでした。
実は、校長室にも素敵なクリスマスツリーがあります。これは、6年生のある保護者がビーズなどを使って作ってくださったものです。先日、校長室に届けていただきました。お子さんと話をして、『6年間お世話になったのだから6段にしよう。』と、ツリーが6段になっています。何をしてあげられたわけでもなく、逆に様々な面でご協力いただいてきましたので、私のほうこそ感謝しております。ふと、いろいろなことを感じる一日でした。(※写真が、いただいた6段のクリスマスツリーです)