自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 研究授業

学校長の部屋

研究授業

DSCF9923.JPG

卒業生4名が教育実習生として戻ってきて、早いもので最後の3週間目が終わろうとしています。
毎日遅くまで指導案を書いたり、教科の先生方を相手に模擬授業を行ったりと、充実した日々を過ごしていることでしょう。また、丹沢クライムにも参加してもらいました。終盤を迎えた実習生たちには、必ず研究授業が課せられます。本校の教員は、もちろん授業見学をしますが、大学によっては、実習生の担当教授がわざわざ来校される場合もあり、実習生たちは緊張の一瞬を迎えます。本日、その研究授業が行われましたが、みんな緊張してはいたものの、堂々と授業を進めており、及第点をあげられるのではと考えます。終わった後に話をすると、それぞれがこの3週間でとても良い経験をしたと述べておりました。中には、この経験を通して、さらに教員になりたいと思う気持ちが強くなったという実習生もおりました。実習生たちには、生徒の協力、先生方の理解あってのことだということをしっかりと覚えていてほしいと思います。現在、本校の卒業生で教職についている者はいませんが、いつかは教え子が、同業についてくれるのではと楽しみにしています。また、自修館の教員になる卒業生が出てくるのも、そう遠いことではないでしょう。実習生を指導してくれている先生方もお疲れ様でした。まだ、あと一日ありますが、よろしくお願いします。
実習生も最後まで気を抜かずにやり通してください。(※なお、本ブログは、都合により明日休刊日ならぬ休載日となりますので、ご了承ください。)