自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > 記念樹

学校長の部屋

記念樹

DSCF9760.JPG本校では、毎年入学式に入学記念として『ハナミズキ』の木が新入生から学校に贈られます。そして、入学後、グランド脇に教員と新入生クラス代表で植樹されています。自分たちの記念樹がどうなっているのか、興味を持っている在校生は、どれくらいいるでしょうか。
中には、記念樹がどこに植えられているのかさえ知らない人もいるのかもしれません。
ハナミズキは4月中旬から5月にかけて紅や白のきれいな花を咲かせます。在校生たちにも、自分たちの代の記念樹が咲いているかを気にしてほしいと思います。
そして、入学式で『この木とともに6年間、成長していきます。』と、代表が述べていますから、毎年の自分自身の成長とともに、どれくらいハナミズキが大きくなったのかを確認してほしいと思います。グランド脇のハナミズキは、今、小さな蕾をつけ、開花の時期を待っています。