自修館は、こころが育つ進学校。しっかりと、のびのびと「生きる力」を身につけます。

HOME > 学校長の部屋 > EQについて

学校長の部屋

EQについて

DSCF9907.JPG

本日は月に一度の定例の職員会議があり、生徒は16:00完全下校となりました。
会議では、間近に迫ってきた1学期期末考査やスポーツ大会のこと、模擬試験の結果の分析などが議題となっていました。その中で、最後に私から先生方のEQ検査の結果を配布しました。本校では、生徒全員と教員全員が毎年EQ検査を実施しており、前年度の結果と自らが比較分析し、これからの行動指針となるようにしています。
先生方は、会議が終わったあとの職員室で、席のそばの教員とEQ検査の結果について、興味深げに話をしていました。そもそもEQ検査は、各人が250問(生徒は100問)の問いに答え、その人の行動特性を24の素養から分析するものです。
それぞれの素養の数字が意味を持ち、自らの強み、弱みを理解することができるものです。生徒の結果は、6月の保護者会にて、保護者に配布されます。そして、前期課程生は、7月のSS(セルフサイエンス)の授業で振り返りを行い、自分を理解する機会としています。
後期課程の生徒は、前期課程のときに振り返り方を授業で行っているので、個々が自分の時間を使って考えていくことになりますが、気になることや、もっと自分を変えたいと考える生徒は、個人的に相談に来るケースもあります。EQ理論は、自修館独自の自己理解、他者理解、コミュニケーションのためのプログラムとして、日常生活の中に自然に溶け込んでいるものです。
自修館生が、優しい生徒、挨拶を良くすると言われる生徒になっていることに少なからず影響をしていると考えます。EQ理論をもとに保護者の方にも共に学んでいただこうと、毎年3回『JEQ子育てセミナー』を実施しています。
今年の第一回目は、6月11日(土)9:30からです。現在、すでに70名(全校の約1割)ほどの申し込みがありますが、人数制限はしませんので、在校生の保護者はもちろん、卒業生の保護者の皆様もよろしければ、ご参加ください。お待ちしています。